会社案内

健康経営宣言

東京日野『健康経営宣言』

◆ 社員一人ひとりが東京日野自動車の財産

◆ 社員の健康は東京日野自動車の発展の基盤

◆ 社員は主体的に健康維持増進を図り、会社は安全・健康

  そして快適な職場環境の実現を図る

【目的】

東京日野自動車株式会社は「社員の健康」を重要な経営資源の一つであると捉え、

社員が活き活きと働いている会社を目指し、経営・産業医・健康保険組合・社員と

その家族が一体となった健康づくりを推進する

【体制】

◆「健康経営推進体制」

代表取締役社長を責任者とする健康経営推進者が従業員の健康増進に資する計画を

立案し、安全衛生委員会と連携して計画を実施するとともに、従業員の健康状況を

定期的に経営会議等にて報告する。

◆「健康維持支援体制」

産業医や契約カウンセラーによる個別相談および、専門機関によるフリーダイヤルの

電話相談の窓口を設置し、従業員の「こころの健康」を継続的に維持するための支援活動を

行う。

【具体的な数値目標】

・健康診断100%受診の実現

・特定保健指導未受診者が出ないよう受診スケジュールを作成し100%受診を目指す

【具体的な取組】

◆「健康管理を徹底する取組」

・ストレスチェックの結果を職場改善に有効に活用

・「受動喫煙防止対策」の徹底

◆「健康で活き活きと働ける職場環境の整備」

・長時間労働の抑制のため指示残業の徹底を図る

・有給休暇取得促進のため有給取得カレンダーを作成し、管理者による有給促進

フォロー実施を図る

・メンタルヘルス不調の未然防止と再発防止に向けた取り組み推進

・社員親睦会の定期開催

2019年10月7日
東京日野自動車株式会社
代表取締役社長 桑原 優

社員の健康保持・増進に関する指標はこちら
戦略マップはこちら